2010年09月07日

iPod nanoの修理が完了

iPod nanoの充電池の発熱や発火の事例があると新聞で知り、 
アップルのサイトの案内にしたがって、連絡をとり、
本体を送って、ちょうど1ヶ月。

こちらから連絡してみようかなと思っていた矢先、
サポートセンターより「サービス依頼が完了しましたので、
IPOD NANO を発送いたしました」というメールがようやく届き、
翌日にはヤマトさんが、荷物を届けてくれました。

自分では本体に不具合を感じてるわけではなかったので、
充電池を交換してくれるだけでよかったのだけど、
検査の結果、本体の機能に不具合が見つかったとのことで、
新品らしき本体に交換されていました。ラッキー。

本体を送る時、それがいつ手元に戻ってくるのか
目安も教えてくれないという不満は残るけど、
修理に出して1ヶ月なら、まあ想定内。
4年も前の購入で、充電池の寿命が近かったことを考えると、
無料で新品に交換してもらえて、得した気分だったりもします。

≫ipodの買い替えと下取り
≫ファンベルトの交換時期と値段
≫ドル換金で稼ぐ







cakebox at 21:04トラックバック(0) 
パソコン関係 | 暮らしを楽しむ

トラックバックURL







最新記事