2014年09月17日

ヘルシオ お茶プレッソが売れる理由

シャープの「ヘルシオ お茶プレッソ」。
ふつうの茶葉をミルでひいて粉茶にして、
お抹茶ふうに点ててくれるという、
コーヒーメーカならぬ緑茶メーカー。

今年4月25日に発売されて、
WBSやヒルナンデスで紹介してるのを見たときは
なんだか手間も時間もかかって面倒そうだし、
使いみちが限られるわりにキッチンのスペースをとりそう…
という印象だったので、売れないでしょと思っていたのだけど。

これが売れてるらしい。
今年9月までの6カ月間で、出荷見通し11万台ってスゴイ。
毎月のように増産体制を敷いて、
月産2万台に引き上げた今も、お茶プレッソは品薄状態。
健康志向の強い人、50代・60代の人にとくに人気なんだって。

彼らには、時間もお金も広い空間も、
いろんな意味で余裕があるのよね、きっと。
お茶プレッソを買う気になるその余裕が
いまの私にはなんかうらやましいですわ。







cakebox at 17:16トラックバック(0) 
家電 | 暮らしを楽しむ

トラックバックURL







最新記事