2015年12月08日

プラスマイナスゼロのカーボンヒーター

今年の冬って暖冬なのかな。
今のところ、約20畳のLDKは2つの床暖房と
電気ストーブの1000Wカーボンヒーターの併用で
部屋はじゅうぶん暖まる。
エアコンの暖房は使わなくてもOKな感じ。

床暖房と電気ストーブもまだフル活用ではなくて、
床暖房1つと電気ストーブ500Wとか、
その程度で足りるんだよね。
マンションゆえ気密性が高いせいもあるのかな。

電気ストーブの1000Wカーボンヒーターは
この秋に買ったばかりの新入り君。
デザイン性の良さで評価の高い
プラスマイナスゼロのタワー型を選んだのだけど、
これが、期待以上にいい仕事をしてくれる。

スイッチを入れたらすぐ温かい熱が広がるし、
カーボンの遠赤外線効果なのか、
ストーブの前にいたら熱が体の芯に届くのも早い。
エアコンや床暖房とは違う
即効温熱の安心感みたいなのがあるんですよね。

しかもオレンジ色のスティック熱源が
バックの鏡面に反射して、
首振り機能をつかうとキラキラしてキレイ。
部屋を暗くすると、間接照明そのものの
癒し効果を感じます。

先述のとおり、床暖房と併用すると、
部屋全体もいつのまにかしっかり暖まってるのも
ポイント高いし、ほんと良い買物でした。
色は白とベージュグレーとブラウンの3色あって、
うちはシックなブラウンをチョイス。
ほかの家具とも相性よくて部屋によくなじんでます。







cakebox at 11:12トラックバック(0) 
家電 | 暮らしを楽しむ

トラックバックURL







最新記事