2016年01月13日

SMAPの解散を回避する3つの方法

SMAPの解散という、
各方面に衝撃をもたらした未明のニュース。

かなりショッキングな話題として
大きな注目を集めているけれど、
まだ解散決定ではなく、解散危機の段階ですよね。

メンバー間の確執や仲間割れではないだけに、
できればこの解散危機を乗り越えて
今のSMAPのまま残ってほしい気がします。

ことの発端は「週刊文春」が
ジャニー喜多川社長の姉で近藤真彦推しのメリー喜多川副社長と
メリーの長女で嵐推しの藤島ジュリー景子副社長と
SMAPの育ての親である飯島三智という、
ジャニーズ事務所内の3派閥について取り上げ、
「後継者争い」として昨年2月に掲載したこと。

そのことで飯島三智さんが叱責され退社に追い込まれ、
その不条理から、スマップメンバーの4人は独立を決意し、
木村拓哉はジャニーズに残留を決意。
どちらを選んだ側も「恩を裏切れない」という理由は同じです。

それぞれの立場があるから誰が悪いとはいえないけど、
SMAPの解散を回避する方法としては、
メリー副社長が飯島さんに頭を下げ退社を取り消す、
飯島さんがメリー副社長に頭を下げ退社の取り消しを乞う、
飯島さんは退社してもSMAPメンバー5人はジャニーズに残る、
この3つのいずれかですよね。

SMAPの今後を考えれば理想は1つめだけど、
可能性としては3つめがいちばん高そう。
今回ばかりはジャニー喜多川社長が
口をはさむかもしれないし。

スマップが今や国民的アイドルであることは確かだけど、
国民によって守ることはできないんですよね…。






cakebox at 12:52トラックバック(0) 
エンタメ | 気になるニュース

トラックバックURL







最新記事