2016年02月01日

「パソコンが重い」おすすめのブラウザとは

ブラウザとは、webブラウザとも呼ばれ、
インターネット上のホームページやサイトを
表示するソフトです。

ウィンドウズを使っている人は
「インターネットエクスプローラー(IE)」が
おなじみだと思いますが、無料でダウンロードできる
その他のwebブラウザもたくさんあり、今や
インターネットエクスプローラー(IE)を使っている人は
全体の半数程度となっています。

うちが何故、ブラウザをIEから乗り換えたかというと、
「パソコンが重いのを解決するため」と
「Vistaなどの古いOSに対応するブラウザが必要」だから。
そういう人、多いんじゃないかな。

OSがVistaの場合、IEはバージョンIE9までで、
それより新しいIE10などには更新できないんですよね。
そうすると、サイトによっては正しく表示できなかったり、
サポートされないサイトも増えてきて、不便でした。

そこでうちでは、IE9を残したまま、IEの次にメジャーな
webブラウザ「クローム(Google Chrome)」を導入。
IE9でサポートされなかったサイトも見られるようになり、
最初は喜んでいたのですが、問題が…。

ひとつは今までより「パソコンが重い」。
もうひとつは、クローム(Google Chrome)より、
Vistaのサポートが今年3月で終了との告知。

「パソコンが重い」に関しては、長く使っている古いPCで、
空き容量(メモリ)不足を感じていたため、
メモリがどんどん減るのも、パソコンが重くなるのも
仕方ないかなと思いつつ、だましだまし使っていたのですが、
クローム(Google Chrome)を立ち上げると
さらにパソコンが重く感じるのも確かでした。

そして、今年1月からクローム(Google Chrome)画面に
Vistaのサポートは、今年3月で終了との告知。
それでもこのPCと別れがたく、未練たらしく、
まあ念のためと、クロームの次にメジャーな
webブラウザ「Firefox(ファイヤーフォックス)」を導入。

Firefoxでも操作に問題ないことを確認し、
やはりIE9は残したまま、
クローム(Google Chrome)をアンインストールしたところ、
パソコンが軽い! メモリが減らない!

こんなに安心感のある快適性は久しぶり。
ブラウザの比較や評判を掲載したサイトでは、
Firefoxよりクローム(Chrome)のほうが軽いという紹介も、
その逆も、どちらも見かけますが、
使っている環境によって違うのかもしれませんね。

「Vistaなど古いOSを使っている」人や、
「パソコンが重い」ときの、おすすめブラウザは
「Firefox(ファイヤーフォックス)」。

これが私の実体験込みの結論です。
似たような環境の人の参考になれば嬉しいです。






cakebox at 10:15トラックバック(0) 
パソコン関係 | お役立ち情報

トラックバックURL







最新記事