2016年02月05日

育毛剤の効果がない決定的な理由

加齢によって薄毛になる人は多いですよね。
とくに男性は早い時期から
額や頭頂部が薄毛になりやすいですが、
女性も加齢にともない、つむじ部分が薄毛になったり、
全体の髪の量が減ってしまう人は少なくありません。

そんな薄毛のメカニズムを幹細胞医学(東京医科歯科大)の
西村栄美教授らのチームが解明し、本日(5日)付けの
米科学誌サイエンスに発表するそうです。

加齢によって薄毛になる仕組みとは、
毛を作るのに必要な毛包幹細胞を保護するタンパク質
「17型コラーゲン」が減少し、
毛包幹細胞が毛穴の奥から表面に移動して、
フケとして落ちてしまうからとのこと。

加齢にともない、毛包幹細胞のDNAの損傷が蓄積し、
17型コラーゲンを分解してしまう物質が分泌されるのだそうです。
でも残念ながら、今はまだ
17型コラーゲンの減少を抑える物質が見つかっていません。

育毛剤に効果がない決定的な理由もそこが原因。
17型コラーゲンの減少を抑える物質がわからなければ、
育毛の有効成分は特定できず、配合しようがないですものね。

西村教授も「17型コラーゲンの枯渇を抑える物質が見つかれば、
薄毛の治療薬になる」と説明。
「数年以内に候補物質を探し、10年以内には実用化したい」と
話しているそうです。

なるべく早く、確実で効果のある育毛剤や、
薄毛の治療薬をつくってほしいものですね。






cakebox at 09:52トラックバック(0) 
健康 | お役立ち情報

トラックバックURL







最新記事