2012年05月

2012年05月30日

テレビのリモコンと主電源

テレビ本体に付いている主電源と、
リモコンの電源の違い。
これまでリモコンの電源しか使ってこなかったので、
あまり意識したことがなかったけど、
待機電力が違うのかな…と考えると、ちょっと気になる。

最近、テレビの節電を意識するようになったし、
B-CASカードの不調で、
テレビの取説を開いたついでというのもあって、
2種類の電源の違いを確かめてみました。

そしたら、リモコンで電源を切った状態は、
電源待機状態になり、それなりに待機電力を消費。
テレビ本体に付いてる主電源を切ると、
リモコンの電源は使えなくなるのだけど、
完全にオフとなるみたい。

ひとつ気になるのは、主電源を切って、
電源待機状態ではなくなった完全オフの間も、
DVDの予約録画って、問題なく録れるのかどうか。
実際、実験してみると、主電源を切っている間でも
DVDの予約録画はちゃんとできました。
DVDの録画機能ってテレビの有無とは関係ない…?

いずれにせよ、外出時や寝る前など、
テレビから離れる間は主電源も切るべしということね。

ついでに、もひとつ気になったのが、
主電源を切った状態とコンセントを抜いた状態の違い。
コンセントを抜いても、DVDの予約録画はできるのか、
コンセントを抜かないとやっぱり待機電力を使うのか。
…といっても、日常的に
テレビのコンセントの抜き差しをする気はないので、
まあいいかーと確かめるには至りませんでした。





cakebox at 13:59トラックバック(0) 

2012年05月29日

B-CASカードのエラー対策

テレビを購入してから
挿入したままだったB-CASカード。

ずっとふつうにテレビ番組を映していたのに、
最近は、電源を入れた時に画面が映らなかったり、
番組を見ている最中に急に画面がとまったりして、
「B-CASカードが正常に装着されていません」
みたいなエラーメッセージが現れるわけ。

そんな急に、
B-CASカードの装着状態が変わるわけないじゃんと
思うのだけど、仕方なくそのたびに
電源を切って、コンセントを抜いて
20秒くらいしてから、コンセントを挿し直して、
電源を入れると、画面が映る。
べつにB-CASカードはさわってないのに、
B-CASカードが正常に装着されたことになったらしい。
変なの。

そのトラブルが最近、増えてきた気がしたので、
改めてネットで調べて、B-CASカードをいったん抜き、
B-CASカードの接触部分を軽く拭き、
テレビのB-CASカード挿入口周辺の埃もぬぐって、
B-CASカードを再装着するという
B-CASカードのエラー対策を試してみた。

といっても、
B-CASカードの接触部分に汚れなんてなかったし、
挿入口周辺の埃といっても微々たるものだったので、
状況が改善されるかどうかはちょっと怪しい。
でも、とりあえずは信じるしかないです。





cakebox at 11:54トラックバック(0) 






最新記事